生熊奈央

Ikuma Nao

皆さんはアマビエを以前からご存知でしたか?私はコロナ禍が来るまで知りませんでした。初めてその文字を見た時アマエビのかき揚げを食べたくなった事を思い出します。

アマビエは妖怪らしいですが、水の中でしか生きられないのでしょうか。普段何を食べて生きているのか、鳴き声を発するのか、どのような声をしているのか、そもそも本当に疫病に効くのでしょうか。

でもあのホケーとしたゆるキャラ顔を見ているとどうでもよくなります。同時にこんなゆるゆるな見た目の生き物に無闇に頼ってはいけないな、とも思います。可愛い顔して、口の中に細かい牙がたくさん生えていてグロテスクそうだし、気に食わない事があると噛み付いてきそうだし、護ってやったから肝臓食わせろ、とか言ってきそうで怖いです。やはりこういうのは適切な距離を保ちながら愛でて、普段の小まめな手洗いうがい、三密を避ける、食事睡眠が我々人間を守る最高の手段だと改めて思います。

小さな呼び声

銅版画(エッチング)size: 20 ×15 cm ED60
略歴
多摩美術大学大学院版画専攻 修了
版画協会会員
2011 年から関東、関西にて個展・グループ展多数開催・参加
作家 HP: http://ikumanao.tumblr.com/
Twitter:@nao4852

毒には毒を系のアマビエ 

切り抜いてご使用ください